08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

立命館大学茶道研究部ブログ

新入部員募集中!公式HPも随時更新中!お茶会の予定はHPにて掲載いたします!

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

法輪寺にて~打ち上げ編 

Posted on 14:39:25

こんにちは。
衣笠一回生裏千家の伊藤です。

今回は9月17日に法輪寺さんのご好意で行っていただいた打ち上げについて書きますが、そのまえにまず法輪寺の方々に謝罪したいと思います。
当日の私達のミスで打ち上げに遅れてしまい本当に申し訳ありませんでした。
それと、遅れていったにもかかわらず快く迎え入れていただきありがとうございました。

さて、17日の打ち上げですがバーベキューでした。
私がついた頃はあいにくの雨でしたので、茶会のときに水屋に使っていたテントの下で行っていたのですが、しばらくすると雨も止み屋外に椅子とテーブルをおいて行いました。

また、私が着いてから間もなく炭の火がなかなか熾らないというトラブルが発生。
雨で水気があったせいでしょうか?
私も団扇で炭に風を送るなどの手伝いをしましたが、個人的にはこういう作業もむしろ楽しめました。

ホットプレートでするバーベキューも手軽でいいのですが、たまには手間がかかっても炭を使うほうがいいですよね。その手間も楽しみの一つです。

しばらくすると順調に火も強くなっていき、本格的にバーベキューが始まりました。

法輪寺さんはお肉、お野菜はもちろん飲み物も何種類も用意してくださっていた上、法輪寺の方々をはじめとして今回ご一緒した衣笠とBKCの天文部の方々も良い人ばかりだったため、私ついついはしゃいじゃっていたかもしれません^^


天気が悪くお茶会のときのようなきれいな月や星が見れなかった点は残念でしたが、何から何まで楽しい打ち上げでした。
またお茶会などで交流できる機会があれば嬉しいです。
法輪寺の皆さん本当にありがとうございました。


さて、ここからは来週の点前披露会に関して、主に一回生の方に向けての話です。

24,25日に裏千家はBKC、表千家は衣笠で点前披露会と強化練があります。
私も点前披露会に向けて練習しているところですが、衣笠の一回生の皆さんも一緒に練習しましょう

先輩方にご指導いただけるのが一番良いのですが、先輩方も忙しい合間を縫って茶室に来てくださる方も多いため時間帯によっては茶室に裏千家の先輩がいないこともあるかも知れませんが、私のわかる範囲でよかったら何かしらのアドバイスぐらいはできるかと思います。
また、逆に私の点前や割り稽古をみて何かご指摘いただければありがたいです。

一回生同士でも茶道について学びあって共に成長できれば嬉しいです。

では、これから練習頑張りましょう。


スポンサーサイト
ブログ  |  -- trackback  | 3 comment |  edit

△page top

県人の会 @イオンモールKYOTO 

Posted on 11:58:08

こんにちは。
衣笠一回生裏千家の伊藤です。

某先輩からいつの間にか茶室の住人に認定されているほど茶室には行っていますが、茶道研究部のブログに関わるのはこれがはじめてですので少し緊張気味です。


昨日はイオンモールのKOTOホールにて県人の会という催し物があり、私たち立命館大学茶道研究部は京都市茶業組合さま、京都大学茶の湯文化研究会さまとともにお茶をお出ししてきました。

P1030076.jpg


まず少しだけ県人の会について説明しますと、この催し物は京都災害ボランティアセンター主催で、東日本大震災の影響で京都市に避難してこられた方々をお招きしてお茶会をしたり、放射能に関する公演を行ったりするものです。

お茶会と書くと少し堅苦しい場を想像されるかも知れませんが、昨日の場合はいつもと異なり、各テーブルをまわってお客さんの目の前でお茶を点てたり、お茶の点て方を伝えながらお客さん自身がお茶を点てており、お茶そのものを楽しむことよりも、お茶を通じて楽しい時間を過ごすことが目的でした。

茶業組合の方も「今日はいつもの茶道ではなく、お茶を通じて一緒のテーブルに着いた方々が和やかに話せるようなことをしてください」とおっしゃっていました。


さて、ここからは私自身の感想などを書きます。

私は着物組の先輩方とちがって、スーツを着てお茶碗を洗うなどの雑用係として参加させていただきました。
お茶会の開始直後から少しの間テーブルへ行ってお客さんと少し話したりしてお客さんの様子を見たのですが、特に自分でお茶を立ててみようと頑張って挑戦していたお子さん達の姿が印象に残っています。

上手に泡を立てようと苦戦している姿から私自身が入部したての頃を思い出しました。
といってもまだまだ私自身も先輩方のように美しくておいしいお茶を点てられるわけではないのですが。

それと、自分でお茶を点てているお子さん達の中で一人とても上手な方がいたのですが、私と同じく裏千家の茶道を学んでいるそうで少し嬉しくなりました。
ひょっとしたら茶道歴半年ほどの私より先輩かもしれません。

しばらくしてからはお茶碗を清める仕事に専念していたのですが、ここでも子供に関することが印象に残っています。

この日使わせていただいたお茶碗のうちの半数ほどは京都市の子供達が絵付けをしたもので、普段使用しているお茶碗とまた違った面白みがあります。

正直に言うと子供はあまり好きではないのですが、昨日の体験の中で子供の持つチャレンジ精神など見習うべき点は多いと感じさせられました。

こんなことを書いていると自分が年寄りのように感じてきますが、良くも悪くもまだまだ若者のつもりです!!

最後に、このような体験の場を与えてくださった京都災害ボランティアセンターや京都市茶業組合の皆様にお礼を申し上げるとともに、今回参加してくださった方々が一日も早く安心して故郷に帰れることをお祈り申し上げます。
P1030073.jpg
P1030077.jpg
ブログ  |  -- trackback  | 1 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。