02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 04

立命館大学茶道研究部ブログ

新入部員募集中!公式HPも随時更新中!お茶会の予定はHPにて掲載いたします!

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

もう1年… 

Posted on 04:33:58

さて、ここからが本当の本題のような気がします。
なんとなくこの1年を振り返ってみながら暑苦しい文章を書きなぐって行きたいと思います。

私の茶道部としてのこの1年は去年のひな茶で始まりました。

去年の「三裏研合同宗家研修」というこのブログの記事で書いている「点前だけが茶道じゃない」という言葉も去年のひな茶でいわれた言葉です。

去年のひな茶は衝撃的でした。

お菓子の盛り方ひとつでも先生にご指摘を頂き、準備中に先生の花を見て感動し、客前に出て自分の不慣れさで困惑する。
そして最後の挨拶で亭主側全体に言われたのが「点前だけが~」という言葉です。

本当に衝撃的な体験でした。
でも、先生のおっしゃっていることは当たり前のことなんですよね。

例えば丸い皿にはお菓子を円のように盛れということ。

実際に丸いお菓子を5個ぐらい鉢に盛ってみると分かります。
皿とお菓子に合わせた盛り方をしたほうが断然きれいです。
でもついつい「普段はこうしてるから…」と考えてしまうんですよね。


「点前だけが~」というのも当たり前のこと。

どんなに点前がきれいでも、茶席の準備ができなかったり、茶会中の水屋仕事ができないのでは結局席に入ったお客さんをもてなすことはできませんよね。

でも、どうしても大学茶道では点前の習得に目を向けがちになってしまうんですよね。
なぜでしょう?

習得度合いが分かりやすいから? 分かりやすい「型」があるから?  客前に立つことがかっこいいから?


でも茶道ってそれだけじゃない。

確かに美しい点前を見ると感動します。
でも、花で季節を感じたり、活けかた次第でこんなに生き生きとして美しいんだと思ったり。
軸を見て漠然と何かを感じたり、意味を聞いて勉強になったり。
お茶をいただいてその暖かさに嬉しくなったり、おいしさを感じたり。

そういうのもお茶じゃないでしょうか。

もっと簡単なところでは、綺麗に掃除されている部屋に通されて亭主の気遣いに嬉しくなるのもお茶ですよね~。




そんなことを漠然と考えるきっかけになったのが去年のひな茶でした。

もう去年のひな茶から1年なんですね。


この1年はかなりひな茶の影響を受けていると思います。

正直なところ飽き始めていたり、悩んでいたお茶をもっと好きになったのもそのおかげです。
今のバイトも、茶道と通じるけど少し違った経験をしたいと思って始めたような気がします。

部内でけっこう好き勝手なことをしているのも、いままで部内でしていたことと違うことをしたいと思ったからかもしれませんねw



さて、そんな感じでまた1年お茶ごっこを続けていましたが今年のひな茶はというと…


…うん、やっぱりまだまだですね。

先生には去年ほど怒られなかった、いえ、ご指摘をいただかなかったとはいえ当たり前のこともぜんぜんできませんでした。
自分で自分をひっぱたいてやりたくなります。

落ち着いて当たり前のことを当たり前にすることすら十分にできていません。


さて、このぐらいでおしまいにします。
この1年はどうなるのでしょうか。
スポンサーサイト
ブログ  |  -- trackback  | 1 comment |  edit

△page top

裏研 ひな祭り茶会 

Posted on 02:05:41

こんばんは 
衣笠の副部長です

そういえば記事を書くのは久しぶりです。前回と肩書きが変わってますね。

今日は一部員として、と言うかお茶を楽しんでいるものとしてだらだらと書きます。


いつもそうですが、暑苦しいかつ長い文章になりそうです。


さて、本題に入ります。

もう10日ほど前ですが3月5日に下鴨茶寮にて裏研でひな祭り茶会を行いました。

今年は八重の桜という大河ドラマに関係して、新島八重にゆかりのある小学校、高校の学生さんを招いてのお茶会でした。


今年は立命から亭主側の参加が多く、男子7人、女子1人亭主側で参加しています。
やる気のある後輩が多いのは嬉しいことですね。

この茶会では点心席と茶席がありまして、私は茶席の担当で点前、半東、運びをしていました。

普段の茶会と違って小学生が多くいるというのはなかなか難しいです。
普段のお客さんとはぜんぜん反応が違います。

例えば、蓋置きの三つ人形を見ただけで笑われたり、普段半東で話していることがぜんぜん通用しなかったり。

後輩の子も苦戦していたようでした。
ですがいろんなお客さんと触れ合うのは楽しいですし、良い経験になったのではないかな。

そういえば私が半東をした席の正客さん初めて担当した依頼茶会でお世話になった方でした。
「不思議なご縁ですね」と言われましたがその通りですね。
その正客さんに助けられながら半東をしていました。



個人的な話ですが、裏研役員としてはこれが最後の仕事のようなものです。

書記という下っ端の役職でしたが、裏研でいろいろと楽しい経験をさせてもらいました。
ありがとうございました。

ひな茶に参加した立命の亭主側の写真です。
___20130306205723.jpg
ブログ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。