06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 08

立命館大学茶道研究部ブログ

新入部員募集中!公式HPも随時更新中!お茶会の予定はHPにて掲載いたします!

8/9@表千家稽古&道具の扱い講座 

Posted on 22:21:38

日中はなお厳しい暑さでしのぎがたい毎日ですが、皆さまは如何お過ごしでしょうか?
こんばんは、二回生の佐々木です!

来る8月26日の夏季茶会を成功させる為に今日も懸命に稽古に励む部員一同。

本日は午前中に表千家のお稽古、午後からは庶務の先輩によるお道具講座と、びしびし茶道に打ち込む一日でした!

午前中のお稽古にはたくさんの部員が参加しており、お茶室が窮屈に感じるほどでした。
最近では一回生の成長が目覚ましく、お稽古でも活躍してくれています。
私たち二回生も負けてはいられないな…!と更なる成長の為やる気を燃やしております(*^O^*)メラメラ

本日のお稽古では、先生が素敵な色紙をもってきて下さいました。
「白雲流水清」です。
一つのお軸、色紙に対する解釈は人それぞれで、どの解釈も間違いではなく、その人々なりの正解があるのだと思います。
私なりにではありますが、この色紙からは真夏の暑さとその中でこそ触れることができる涼を感じました。
この感じは夏季茶会で点前を披露する部員の稽古を見学していたことからも来ているのだと思います。
色紙だけでなく、点前、お道具…等々、茶会を構成する全てがお客さまの五感を刺激し、一人ひとりのお客さまにその方だけの感覚を与えるのだとすれば、その一片に触れている私たちがこれからもどんどん茶道の深みにはまっていくのは必然なのでは…?と、なんだか可愛いことをいってみようと思います。
キャラじゃないとか言わないでください(笑)

点前さん!ここでハードルあげときますね!
私が感じたように、夏季茶会で披露するお点前は涼やさを感じさせてくれること受け合い!!
お越しくださる方は是非お楽しみに!!

この色紙に触れたことで、子どもの頃、夏休みは専らプールと川遊びに興じていたことを思い出し、少し寂しくなりました。
涙でそう。
最近涙腺が弱くなって困ったものです。

他の部員がこの色紙からどのようなことを感じたのか少し気になりますね(・∀・)

結構長くなってきたので、さくさく(?)行きますね!!

午後からは先述通り、庶務の先輩によるお道具講座でした!
基本的なお道具の扱いに始まり、国焼のお茶碗の拝見、さらに茶掃き箱の中から小さな木の器を見つけたことによる予期せぬ濃茶飲みイベント!!
……充実しすぎ!
国焼のお茶碗を拝見している時に、皆が「1樂2萩3唐津…」と国焼のお茶碗の格の順を呪文のように唱えていたのが印象的でした。
これで今日の参加者はしっかり覚えられたと思います。

さて、茶掃き箱から発見した小さな木の器。
一般的な樂茶碗に似た形をしており、これは何ぞや!?と協議した結果、茶掃き箱にはいっていたことから「濃茶のときにお茶の量を量るものなのでは…?」という一言により、確かめる為に突如濃茶を点ててみることになりました。
発案者が濃茶を点て、一回生がその濃茶を頂くことになりました。
その多くが茶道をはじめてまだまだ日が浅い一回生ではありますが、濃茶を味わう姿は茶道を愛する立命館大学茶道研究部員のものでありました!
今回一回生に対する記述が目立ちますね!!
私、一回生のこと好きすぎません?
いいえ、同回生のことも先輩方のことも大好きですよ!
電車の中でこの文を打っている(PM8:00)のですが、自分のテンションが高くて仕方ありません。
後で見返したら恥ずかしくなっちゃうようなこともばんばん書いてるような気がしますが、気にしにないことにします。

ちなみに調べた結果、小さな木の器は「茶号」という上記の発言通り、お茶の量を量るためのものでした!!
BKCの茶掃き箱の中にはなかったと思うのですが、衣笠の茶掃き箱にだけ入っているのかな?
BKCに帰ったら探してみよう!!
今まで茶号の存在に気づかんかったんかーい!!なんて言わないでくださいね(´・ω・`)
身近過ぎて(?)見落としていた上に今更用途を知った佐々木でした!

こうやって見落としている一つ一つを拾っていくことで私たちの成長に繋がっていくのだと思います。
私、今良いこと言いましたよね?え、この一文で台無し?

随分長くなってしまいましたが、今夜はこの辺で失礼致します。
お付き合い頂き、まことにありがとうございました。

ブログ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ