08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

立命館大学茶道研究部ブログ

新入部員募集中!公式HPも随時更新中!お茶会の予定はHPにて掲載いたします!

12日、光悦寺にて・・・。 

Posted on 20:58:38

どうも2回生酒井です、風邪と課題の対策に追われて終わった今週です。でも来週もさっそく数式と格闘しなくちゃならんのよ・・・・。
先週12日月曜日より風邪をひいてしまってようやく落ち着いてきたかな?という具合です。なので今週は2回しか茶室に行ってません・・・。
実はこの12日は裏研よりお仕事をいただいておりまして12日と13日に光悦寺のお茶会にお手伝いに参加いたしました。
私は12日しか参加していませんので12日の様子を中心に書かせていただきます。

P1010171.jpg

光悦寺は紅葉が真っ盛りでして前日のように雨が降ることもなく時折雲間から太陽が降り注ぐまさにお茶会日和となりました。
ただ、やはりそこは京都。前日の雨も助長して寒いこと寒いこと。 お越しの皆様はやはり雪駄などを履いておいででしたがさぞかしお足元が冷えたことでしょう。 かくいう私もスーツ姿でしたが手はともかく足が冷えて腰が痛かったです。

P1010174.jpg

席数は7席、うち点心が1席、道具を見てもらうことを主とした席が3席、お茶をお出しする席が3席だったと記憶しております。間違っていたらすみません。 私は当日参加しましたもう2人の部員の一人と共に大阪席(道具席?)を担当しておりました。 朝7時半ごろからお客様がいらっしゃいまして、すぐに人が待合からあふれるようになりました。 あまりの多さに他の方にもお手伝いしていただきながら何とかこなせたかなと、正直私個人としては力量不足を痛感せずにはいられませんでした。

P1010173.jpg

ただ、私個人としては「縁」というものは本当に唐突に感じさせられるものだなと思いました。 11月3日に下鴨神社でありました市民茶会のお手伝いをさせていただいた際にご一緒させていただいた大槻社中の方々がこの茶会にお客様としてお越しくださいまして声をかけていただきました。 また立命館茶道研究部の特に表千家の者であれば一度は目にしたであろう「表千家、お茶のおけいこ」シリーズ(世界文化社)、この本でご指導をされていらっしゃる堀内宗心先生もいらっしゃいまして、初めて間近でお姿を拝見させていただきました。
やはり縁というものは面白いものであると改めて実感いたしましたこの度のお茶会でありました。

下記「立礼と茶箱を愉しむ[表千家流] お茶のおけいこ26巻 指導:堀内宗心」
P1010179.jpg


追記:11月12日にコメントをいただきました「通りすがり」さん、ありがとうございます!
ブログ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ