08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 10

立命館大学茶道研究部ブログ

新入部員募集中!公式HPも随時更新中!お茶会の予定はHPにて掲載いたします!

和菓子作り体験 

Posted on 23:43:37

ふと耳を傾けると鶯の声が聞こえる頃となりました。
お久しぶりです。
BKC二回生(あと15分ほどで三回生です)佐々木です。

残り数日の春休みを満喫している(?)私たちですが、先日3月15日に素敵な体験をしてきました。
遅ればせながら、その日のお話をさせていただこうと思います!

さて、その素敵な体験とは・・・?
じゃじゃーん!
京都府菓子工業組合青年部さんプレゼンツ「和菓子作り体験」です!

抹茶とは切っても切り離せない関係の和菓子・・・!
今回は薯蕷饅頭と練りきりの二種類を作りました。

薯蕷饅頭の材料は「つくね芋」という聞き慣れないお芋さん。
日常ではあまり見かけない・・・というか、私はこの日初めて実物を拝見いたしました。
自宅で薯蕷饅頭を作った経験のある部員いわく、どこのお店にもおいてあるものではないそうです。
やはり、早々お見かけするものではないのですね。
割れずにできるとても不安でしたが、流石のプロの方々!
青年部さんのサポートで綺麗に蒸しあがりました!

つづいて、練りきりですが桜と牡丹の二種類を作りました。
私たちにとっては、三大茶会、新歓祭典での茶会や学園祭での茶会、普段のお稽古でもよく登場してくれるおなじみのお菓子です。
季節のものでしたり、動物を模したものだったり、見目可愛らしい和菓子です。
混ぜたりこねたり丸めたり包んだり・・・。
手先の器用さを発揮している部員がいると思えば、独特のセンスを発揮する部員がいたり・・・。
思い思いの和菓子を作ることができました。

お茶席において、和菓子は忘れられない、むしろその茶会、その一席、その一瞬の印象を決める大切な存在。
今回の体験で、和菓子の一部分でも知ることができたことで、自身の茶を深めることにつながる経験になったと思います。
点前をしたり、お抹茶をいただくだけではなく、お菓子やお道具のことを知ればもっともっと茶道が楽しくなるし、好きになっていくと思います。
一層、お稽古に励んでいきたい。
そう思う一日になりました。

作った和菓子ですが、皆思い思いの方法でおいしく頂戴しました。
中には自宅でお抹茶を点てて一緒にいただいた部員も。
私は母と煎茶でいただきました、ちょうど帰省したので(v*'ω')v


京都府菓子工業組合青年部さんありがとうございました!



wagashi315
ブログ  |  -- trackback  | 0 comment |  edit

△page top

△page top

Secret

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ